サイキックユーズアイランド

9月16日は97人の方々が黒野忍のブログを過疎らないように巡回してくださいました。

ありがとーありがとーです。

自然と一体になって生きている方って凄いな~と思います。農家の方、漁業の方とか畜産の方とか。宮古島って農家も多いですし漁業の方も多いですが天候に左右される仕事が多いです。今日何十年ぶり?に砂川ビーチに撮影に行きましたがめっちゃ波が凄くて泳いでる人というかもう波にのまれてる人多かったです。新城海岸はリーフがあるのでまあうねりがあるけど泳げるんじゃないでしょうか?ちなみに何度も宣伝しますが、宮古島で泳ぎたい!!という方は新城海岸のみよし屋さんを尋ねてみましょうね。黒野の紹介で来ましたとか言えばまあ割引してくれると思いますがその際は経営者な栄吉さんに「黒野の紹介で~」といいましょ。

ちなみにユタ。これ起源というかなんというか1つフィールドワークで解ったことが。実はユタ。ヒエラルキー(位階)があるようです。が!その辺でゴロゴロ転がってるユタに昔のヒエラルキーが通じるか?は通じないでしょう。昔は最高神女を頂点としユタがいたそうです。今自称神女(ノロ)がいてもそもそもこのヒエラルキーは琉球王朝の王族の女性か?王に任命されて初めて最高の神女になれるわけであって、もし今いたらどこに王がいるんだよ!とかどこに王朝文化があるんだよ!という事になります。ただユタ自体は王朝と関係はないことは確かですが、じゃあノロを頂点としたヒエラルキーとは?ようは最高神女って神と聖婚してパワーを授かるわけですこれに対してユタってそうなる運命だったと言われてますが、琉球王朝時代最高神女は王と王国を守護する存在なわけで、ユタってそういうヒエラルキーから見れば底辺として考えられたようです。

ちなみに黒野見た限り大神島のカミツカサは憑依型です。かつて大神島で問題となったのは沖縄とかからユタが来て勝手に御嶽で修行したとか。あとこれはオジーから聞きましたがユタをカミツカサが追い返したというサイキックなバトルもあったようです。大神島でユタとか言うと白い目で見られます。大神島には同じ宮古島なのに神話体系が異なっています。神話体系が異なるので当然方言も異なります。憑依型はどうやらあまりコントロール出来ないようです。ちなみに黒野は召喚魔術って99パーは憑依で成り立っているので憑依魔術としました。カミツカサと混沌魔術師とユタの憑依の異なり方は2つです。まずカミツカサにしろユタにしろ神は1つか2つ。それが守護神であってコンタクト出来る神ですが、混沌魔術師は沢山コンタクト出来るということです。カミツカサは大神島で絶対者ですからかつて大神島には人口200名以上いたこともあったそうですが今って20名いるかいないか?その200名の時代カミツカサは島の神事を司ってたわけですからある意味村島のルールにすら影響する方々なわけで、事実カミツカサは「修学旅行生が来るから注意して。(御嶽に入らないように)」と島民に注意してたという記録もあります。勿論最高神女も沖縄では王に次に重要な権力者であって、ユネスコ遺産にも登録されている斎場御嶽にも影響があったわけです。これに対してユタってまあ家系がとか色々言うけど、神女、カミツカサが絶対者であるけどユタはどうなんでしょうね?宮古の信心深い方は「解らないことはユタに聞きなさい。」と教育されて育ったそうです、流石今時の子はそんな事言われないでしょうけど。50~60代の方やそれ以上の方はそう教育されたそうです。

今日の1曲を選曲します。岸田教団&THE明星ロケッツのストレイです。元気ないな~という方にお勧めです!

ストレイ

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログのボタン押してね。


応援クリックお願い致します↓

オカルトランキング