絶対なんて絶対ない

11月12日は66人の方々が黒野忍のブログを過疎らないように巡回してくださいました。

ありがとーありがとです。

水曜抜糸してきました。12針縫った事になってました。何気に抜糸痛いですよね、いくつの印形をエンチャントメントできるかな~と思いました。後インスタグラム(Facebook連動してます)に髪の毛のビフォーアフターを載せておきました。紫シャンする方は是非参考にしてください。毛先しんでます。後ハイトーンにすると広がりますよね。髪がなので広がりを抑える事をしないといけない。

そろそろプロットを書き始めないといけないな~と思いつつ書いてないしやる事が多すぎです。時間管理してもこれですからまずはPressKaos4から開始して、合間にプロットを書こうかなぁと思っています。ただただ21世紀の性魔術の実践に対して矛盾する内容を書くのでどっちが正しいのか!!という事に関して混沌魔術のクレド「何も真実ではない;全て許されている。」を持って読んでくださいね~と思います。これIOTで文字通り解釈されているのが常であって、やたら難しく考える方がいますが、それはその人の独自解釈だと思います。これもブログで話したと思いますがIOTのイニシエーション、ニオフィトで「貴方は究極的な真実がないという事を知ってますか?」と聞かれます。選択肢は1つだけ。Yes。です。究極的な真実がない=何も真実ではない。という事であってそこに小難しい解釈は不要ですし、秘儀参入者のイニシエーションでも 「貴方は究極的な真実がないという事を知ったか?」選択肢は I Knowだけです。達人のイニシエーションも 「貴方は究極的な真実がないという事を体験したか?」 選択肢はやはりI doです。決してここで小難しい哲学解釈はないのです、まあ実際これはキャロルの思想であって、僕の友人はParmitedじゃなくて Possibleとしてますし、こないだ何も真実ではない;全てバナナである。という話を耳にしました。まあバナナ8本ケイオススターになぞらえておくと今はやりの新しいケイオスマークぽくなるので、全てバナナであるというジョークが生まれたんだと思います。簡単に考えちゃえば「何も本当のことなんてないさ、ぜーんぶオッケーなんだもん。」が 何も真実ではない;全て許されている 。だと思います。小難しく考えたい方は小難しく考えて自己満足に浸ればいいです。究極的な真実がないと何度も言われるIOTのイニシエーション儀式の究極的な真実がない。に小難しい話は不要です。考え方は色々、十人十色です。絶対なんて絶対ない。これが近いかな~と思います。まあ絶対ある事は寿命位ですが、これ新刊に書いてます後数百年したら「寿命なんてナンセンスだよね~」という位科学と医療が進歩してるかもしれない。

今日の1曲を選曲します。これ選曲するのに30分位かかるんですよね。ALL OFFさんの Never Gave Upです聴いてください。

ALL OFF_Never Gave Up_MUSIC VIDEO

最後までお読みいただきありがとうございました。


応援クリックお願い致します↓

オカルトランキング