エロス

10月5日は129人の方々が黒野忍のブログを過疎らないように巡回してくださいました。

ありがとーありがとです。

性魔術の本を書こうと思います。多くの方に色々なSNSで応援の御言葉を頂きました。だいたい100通超えてます各SNSのDM。性魔術に関して女性が興味があるという事が解りました。21世紀の性魔術の実践と全く相反するテーマ(矛盾)を書いていきますが黒野が差別思想を書く事はないのでご安心ください。後はわけわかんない俗習をさも「昔からありました」という書き方もしません。黒野は2つの観点で執筆をするんですが、1つは歴史背景を考えない。まあ黒の書がそうといえばそうです。あれにどう歴史を書くか?ですよね。しかし21世紀の性魔術の実践では検証可能な事歴史しか書いてません。ロマンを壊すそれが黒野です。だいたいさイシュタルに仕えてた巫女云々が~これマジで!文献も出土品もない事を良い事に神聖娼婦とかいってるわけでいい加減だよね。あとあれ女性は多産の象徴で豊穣としてどうのこうの。っていうのもそれ象徴とか言い始めた時点でもうユンギアンじゃん。古代から行われてるわけないでしょ。どの地域でもあるとか言うけど大奥とかどう説明するんですかね?黒野は否定し否定し否定できない事を書く事が多くそれがアンチに情熱を注ぐようですが、黒野はアンチ上等で書いてます。ロマンを壊すそれが黒野ですから酷いと思うなら目覚めたほうが良いです。現実はロマン成分で出来てないし、伝説とかそういうのもだいたいどっかしらで都合よく作られたわけですから、魔術にロマンはいりません。昔混沌の騎士団の従士さんで水蓮さん担当の従士さんが「邪眼の開発がまだまだ」みたいなこと言ってたんですがどんだけ~魔術に~ロマンを抱いてるんだよ~と思いました。邪眼自体出来ないと言ってるわけじゃないです。少なくとものの邪眼を開発する修行って4~10年かかるという事でそれをユーキャンで学べる手軽さレベルでロマンを抱いていたのでウケました。今っていいよね。指導する側もネットで完結、指導される方もネットで完結できるけどネットの無い時代から活動してる黒野は毎月、コピーされた魔術日記の添削をしてました。

あ~ちなみにまた黒野の魔術日記を販売すると思います。買った人は書籍にしてもいいです。というか黒野が書籍化する可能性もあります。生前の魔術師の魔術日記が書籍化されることは世界初なんじゃないんでしょうか!でもね問題は黒野ペン習字4級の達筆さが黒野自身で読めないので書籍化が凄い難しいと思う。

しかし文字の海にはしばらく入りたくないから現実逃避する何かを黒野にプレゼントしてください!

今日の1曲を選曲します。実にこの紹介ですが黒野PVあるものしか紹介してないんです。素晴らしい曲って沢山あります、アニソンだけで6000曲くらいあります。で実は選曲がダブルかもしれないけどそれは黒野の推しだとおもってね。空回りしたくない貴方に。聴いてください。ReoNaさんのforget-me-notです。

あたしが隣にいるうちに/藤川千愛 アニメ『盾の勇者の成り上がり』エンディングテーマ (''The Rising of the Shield Hero'' Ending Theme )

最後までお読みいただきありがとうございました。


応援クリックお願い致します↓

オカルトランキング