トレンド神

9月18日は148人の方々が黒野忍のブログを過疎らないように巡回してくださいました。

ありがとーありがとーです。

ラブクラフトの神々を魔術的に論じたのが混沌魔術だと思ってるかたは違います。ケネス・グラントがクロウリー教とラブクラフトの存在を関連付けてますし、最もラブクラフトの神々を使用したのは悪魔第一教会だと思います。2014年に混沌魔術が再度ラブクラフトの神々を論考していますが、それ以前にも何度か研究されていますがいずれにも一風変わった存在程度の考えでしかなく、2014年以降どの神が何の力や知識を持つかが論じられています。そしてネクロノミコンも論じられていますしGOETIA(これどういう発音になるか?有識者数名に再度聞いてみます)も論じられています。そしてお話したかもしませんが黒野はナイアラートホテップは少なくとも日本ではキューティーな女の子の姿で知られている(動画も紹介)と述べたら「ナイアラートホテップの1つの姿」として認定されたので、1000の顔を持つ神の1つの姿としてキューティーな女の子が加わりました。神や女神が進化しない普遍的な存在だという考え方は、窮屈な考え方だと思います。進化してその姿は時代によって、地域にとって代わっていいです。日本でもこれは古くから「流行神」という存在があります。言ってしまえば突発的に多くの信者が崇拝する現象の渦中にある神々です。黒野は現代は初音ミク(金星の女神)や貞子(土星の女神)が誕生していると思いますし、例えばバフォメットを崇拝するウィッカ宗教、混沌魔術師より、初音ミクを親しむ人数の方が絶対的に数字は上でしょう。ただこの流行神や神を作るという行為はたかが10名とかじゃ無理だと思います。それは「収めましょう妄想税」の範囲です。1000人以上の人々が投影する事で存在は誕生すると思います。今の時代トレンド神は沢山いそうですし、混沌魔術師は色々見直す必要があると思います。

ちなみに黒野、ブログが書けなくなる(お知らせのブログを読んでください)かもしれません。というかマジで4本の指を手術するのか・・・と思うと正直言えばそれって4回の大苦痛を得る事になるわけで手術する前に100パーセント動くという事がないなら手術しなくていいよと言ってみようと思います。

今日の1曲を選曲します。 藍井エイル さんのラピスラズリです聴いてください。

藍井エイル 『ラピスラズリ』Music Video

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログのボタン押してね


応援クリックお願い致します↓

オカルトランキング