突然眩しい光が包む黒野忍

12月7日は44名の方々が黒野忍のブログを過疎らないように巡回してくださいました。

ありがとーありがとーです。

そしてブログ読みました。春香さんの募金呼びかけ金額達成です!混沌の騎士団の皆さん、そして募金した皆様ありがとうございました。勿論黒野も募金してます。後はドナーですね。

例えばこれ、勝手にドナーが見つかりますように!という印形を活性化したならば黒魔術です。幾ら善意のある第3者への願望をその第3者の承諾なしに行う事は黒魔術です。って言う考えは滅びろ!と思います。こーゆー魔術原理思想がもう日本人に向いていない。利他と自利という考え方があるわけで、こ生意気にも大体の混沌魔術師が第3者への願望をその第3者の承諾なしに行う事は黒魔術って考えてる。いや別に黒魔術をやったら地獄に落ちるとか

カルマがなんちゃらかんちゃらとかはないでしょ。もし地獄に落ちるなら利他を行者に頼んだ善人がぜーいん地獄に落ちているしカルマが酷い事になってるということになりますが、そうではない。第3者の承諾なしにその人の幸せを印形で活性化しちゃいけないという混沌魔術の理論は日本風土に向いてません。これはブログで何回も説明したとおもうけど、ユング心理学の観点で日本人と西洋人の意識構造が異なるという事が本に書かれてます。無意識のレベルまで異なると。PressKaos2を読めば一目瞭然ですが、聖守護天使の憑依魔術ですら

西洋人の儀式と日本人の儀式では異なるわけです。

以前手嶋屋さんのインタビューで日本の混沌魔術は40年は遅れている。といって詳細インタビューされました。西洋魔術なんかもっと遅れてると思いますよ。だいたい無の書が1970年代の本これしか邦訳書しかない。それに依存するのは1970年代の情報をなう!って考えてることになるわけです。下手したらさ1970年代生まれてない方が無の書の情報をバイブス~テンアゲって思うと古いよって言いたいし、ピーターキャロル他にも洋書書いてる。

英語無理だからっていうならもうそこで君達には本で言うなら黒の書しかありません。2000年過ぎに書かれてるから情報は21世紀対応だよ。まあセクリマス実現すればまた話は変わるけど。遅れてることをね伝統とはいいませんから。伝統は伝統でしょ。遅れてることは遅れてることであって魔術鎖国状態が今の日本です。仮に鎖国じゃなくても英語が無理ならば

鎖国と同じでしょう。大体さルーン魔術が良い例題だよね。ウザルクすら知らない、ギャドバリンルーンブックとスケッチすら知ってない。こういうレベルが平素みたいな感じだからおかしい。後最悪なのは「読書不要だ!」と思う方々。これは混沌の騎士団にもいるとおもいますけど最悪だよ。知識不足を招く事になる。知っていると知らないじゃ全然話が違うわけだし、読書は知性を養う物ですそれが魔術師にとって不可欠な事です。ヘルメス主義な魔術師はもう当たり前な事ではないでしょうか?

はいお題が解ったらRT解らなくてもRTの時間です。

流石に!ネタがなくなりつつあります。資源は有効に使いましょうということです。だって365日ブログつけたら365タイトルをあげろという話になり、ブログタイトルも被るのでそこはもう

許してください。

ヒーロー4人が集結。全編CGです。ケースを巡って戦う!

これに関連する動画をあげて欲しい。

最後までお読みいただきありがとうございました。


応援クリックお願い致します↓

オカルトランキング