トライバルタトゥー

8月26日は146名の方々が黒野忍のブログを過疎らないように巡回してくださいました。

ありがとーありがとーです。

さて黒野フィールドワークの課題1つ宮古島の90歳以上のオバーに多く見られた(今現在ご逝去されてる方が多く資料は博物館にしかない)琉球ではハジチ宮古島では全く違う呼び名で呼ばれている女性の指に彫られるタトゥーの意味を調べたいと思います。もちろんハジチに関してはどこぞの大学教授が研究なさっていると思いたいが、この風習は黒野の記憶が確かならば1944年法律で禁止された。1944年にはちょんまげやお歯黒も法律で規制されている。

琉球のオバーが(沖縄本土)で入れていた指や甲に入れてるタトゥーにも意味があると思うしそれは黒野の記憶が正しいなら痛みに耐える事が姑に耐える事、また美しさを競っていた事が理由としてあるはずだけど、黒野が見た宮古島のオバーは指に入っている刺青とその模様は屈辱的意味合いを持っているといってた。勿論ん屈辱という言葉は言ってないが、恥ずべきそして嫌な事だったといっていた。黒野はそのオバーの指に入っていた宮古島刺青の模様が草、後結婚、さらに子供が産める年齢に到達している、この3つしか教えてもらえなかった10本の指に全く違う模様が彫られているので察するにあと7つがオバーにとっては耐えがたき内容なのだろうと思う。また子供が産める年齢という事は12~16歳で彫っているのだろうと邪推するが、これが当たり前のカルチャーであってその辺のオラオラが指輪変わりに入れてるタトゥーとはわけが違う。考えてみて欲しい。宮古島は集落で方言が違うし島によっても方言が多少異なるその中で半強制的に子供が産める年代に到達した女性が嫌でも指にタトゥーを入れるわけだ。それを見た男性はどう思うだろうか?おそらく離婚という意味のタトゥーもあるだろうそれを彫られた女性を周囲はどう見るのだろうか?しかも琉球刺青ハジチ(沖縄本土のみ限定で言う)は痛みに耐える事が姑に耐える教訓になる訳で宮古島のオバー達(おおよそ逝去なさってる)は集落と集落を跨いだ結婚は大問題となる。もしかしたら烙印として彫られたのかもしれない。ちなみにウヤガンを行うカミツカサには刺青がなかったので大神島では行われていないのかもしれない。

もしかしたら西表、もしかしたら石垣にも同様の風習があったかもしれないが沖縄本土のトライバルカルチャーとはわけが違う。少なくとも宮古島のオバーは恥ずべきそして嫌な事なのだろうしこれもうっすらと記憶にある(多分正しい)オバーは6歳で指にタトゥーを入れたといっていた。6歳の少女の指に針で突いていれるのだから宮古島では相当な物だったのかもしれない。ちなみにさらに時代を遡ると宮古島には人頭税という石がある。大きさにして143cmあるかないかだと思うが(台風で削れてる)、この石と身長を比べて石と同じ高さそれ以上が課税対象であり薩摩藩に粟や穀物を納税していたという。宮古島の歌には税金の重さを悲しむ歌があり要約すると「海の砂粒は粟になってくれたらどんだけ良い事だろうか」それだけ薩摩藩の取り立てが厳しかったようだ。なお1つこの伝承には誤りがある。それは宮古島特に砂川には1600年には戸籍に変わりになるだろうウルカ双紙がありそこには、産まれた年月日が書かれ祖神の名前も書かれているのだから人頭石と背比べするより年齢で税金をかけた薩摩藩は ウルカ双紙 を見ればいいのだしもっと言ってしまえば1700年初頭にはほとんど戸籍になるシステムが宮古島にはあったのだから石と背比べする必要はないと思われる。黒野の結論は税金の取り立てが半端なく厳しいので人頭石が出来たという後付けであって、まあ中にはいたと思う本当に背比べして課税!としたのも。

話を戻すと宮古島のオバーで指にタトゥーが入っている方はおそらく片手で数えれるかもう数えれない。良い意味を示す指のタトゥーもあると信じたいが6歳で入れ妊娠可能の年齢で入れるというある意味強制的なそれが名誉と思えないタトゥーは数多く存在していたと思うので調査してみたい。琉球刺青とは違う事は確かだろう。琉球の影響を受けた事は確かだろうが言葉も風習も異なるのだからタトゥーの意味合いも違うだろうし何よりオバーの涙は嬉し泣きではないと思う。今の時代お金さえあればタトゥーなんて入れる数倍以上で消せる。完全に消える事は出来ないかもしれないが限りなく消せる技術があるし、そもそも琉球トライバルを生まれも育ちも東京のオラオラが彫ってもおかしいというか何したいか解らない。それに女性の皆さん、お嬢さんをお持ちのお母さん、結婚した方。娘さんが妊娠可能な年齢に達したら強制的に指にタトゥーってどう思いますか?結婚したら指にタトゥー入れますか?離婚したら強制的にタトゥー入れられたらどう思います?これはカルチャーじゃない

女性差別化だ。

琉球刺青は綺麗さを競ってたかもしれないが、子供産める年齢で指にタトゥーは逆、男性が子供作れる年齢に達したら何故?タトゥー入れてないのか?という問題を明るみにする。

色々模様で意味があるのでそれを黒野は調査したいと思っている。

ちなみにIOTではマシーンで彫らない手彫りのタトゥーを混沌魔術的に言っているお偉いさんがいた。黒野は「あっそ!」としか思えなかった。痛みの魔術意識に入って高次元の存在とコンタクトしたとかいってたけど「あっそ!」としか思えなかった。

今日の1曲を選曲します。 岸田教団&THE明星ロケッツ さんの Blood on the EDGE です。聴いてください。

岸田教団&THE明星ロケッツ_GATE~それは暁のように~_

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログのボタン押してね!大切な事だからもう1回ブログのボタン押してね!


応援クリックお願い致します↓

オカルトランキング