占いと先祖返り 黒野忍

今まで書いた内容が消えた・・・5月8日は92人の方々が黒野忍のブログを過疎らないように巡回してくださいました。

ありがとーありがとーです。

今まで書いてた内容は

21世紀の性魔術の実践で何故自律訓練法を身体の修業として取り入れたか?です。この訓練法を考案したのは1932年ごろドイツの精神科医ヨハネス・ハインリッヒ・シュルツで目的は自己催眠です。

これ黒野は9歳から15歳まで毎日30~50分行い続けていました。また混沌の騎士団が創立してから3年間行い続けました。今では呪文化してその呪文を唱えれば30秒で自立訓練完成となります。何故採用したかですが、それは黒野の書いた21世紀の性魔術の実践を読んで実際皆さんトレーニングしてみてください。

黒野は自己観照と占いと先祖返りにこの変性意識を使用しています。自己観照で見えるヴィジョン例えば「今やるべき必要な事は何か?」とか全然関係ないビジョンが見えますがそれを後日、分析する事で目的が解ります。

占い。これ黒野はタロットカードもルーンもいりません。必要なのは自律訓練の催眠状態になる呪文と30秒間。次に占いたい内容や欲しい情報を思い浮かべます。そうすると解答を得れます。ズバリ遠い未来を見る事もありますが、象徴的な物がビジョンとして見えますので、黒野は変性意識を終えた後そのビジョンを熟考して占っています。外れたことは3回しかありません。

先祖返りを行うとき黒野は「変性意識の間、虎のカルマを経験する」というような意図の文を印形にして、自立訓練の催眠状態になり変性意識になりその時、額に印があると視覚化します。そして変性意識の間、虎のカルマを経験します。黒野にとって虎は強さを意味します。「虎に翼を与える。」という諺があります。意味は調べてみてくださいまた攻撃魔術に虎はいつも力を貸してくれています。時にもし占いで虎がビジョンで見えたら黒野は最大警戒します。それは「虎を野に放つ。」と言う言葉がある位ですし事実最大警戒して難を逃れたことは沢山あります。

皆さんも自律神経法をマスターして見ましょ。1日30分の練習でどれ位時間がかかるか?やってみればわかりますよ。そして性魔術には必要なので21世紀の性魔術の実践に書きました。

はい昨日の答えは妖怪人間ベムでした。あのアニメ、細胞が3つ分裂して生き物になったというシュールな設定ですよね。

お題が解ったらRT解らなくてもRTのコーナーです。

これ前も問題に出したけど、シリーズで内容が大きく異なりすぎ。共通点は女子高生と日本刀だけ。

これに関連する動画をあげて欲しい。

最後までお読みいただきありがとうございました。


応援クリックお願い致します↓

オカルトランキング