虹に触れたかった黒野忍

12月9日は61名の方々が黒野忍のブログを過疎らないように巡回してくださいました。

ありがとーありがとーです。

セクリマス実現まで後14日です。断言出来ないので積極的に望まないという混沌魔術の意識で挑んでいきたいと思います。

今日シャーマニックスタイルで作った従者(人工精霊、思念形態etc)が暴発しました。そもそも明晰夢から作りだした従者です。暴発という事は想定外でした。そもそも物理基盤がなく名前と姿だけで作られた存在。どう暴発したか?多重夢を誘発させられ同じ夢を何度も繰り返し、

その都度従者の名前を唱えるのですがその瞬間多重夢になるというものです。どうやって修正したか?アストラルプロジェクションしてアストラルモードで喚起して欲望のアルファベット22文字の1文字を刻印しました。そして身体に戻り同じ夢を見た瞬間に従者を再び喚起して、

多重夢になるか?を検証し多重夢にならないので良しとして「命令があるまで夢で待機せよ。」としました。

IOTにいた時代によく論議されていたのは汎用型従者の安全性でした。汎用型従者1体いれば後は何もいらないわけでそこに膨大なエネルギーを注ぐわけですから果たしてそれが安全に機能し続けるか?もし制御出来なくなったらどうするか?この2点です。ただこれは印形をベースとした従者という物であり黒野は制御できなくなったら印形を破ればいい。それだけ回答しました。従者は例え印形があってもアストラルな存在です。印形という基盤を破壊すれば

アストラルな存在は消失します。後はマジかよ!と思ったのがある団員が従者の印形をしまってた机の引き出しでネズミが死んでいて印形が汚染されて、従者の統御が不可能になったとかですかね。この時大いに議題になったのが印形を再度作りだして基盤お引越しです。これは7割がたの混沌魔術師が無理といいました。黒野も無理といいました。そこで提案されたのが物理基盤無しで従者を喚起し、明晰夢なれアストラルなれで破壊。3ヶ月もかかって破壊されてました。後個人的に面白かったのはGOETIAの存在を魔法円無しに呼び出すと頭痛が起きるのでそれを聖痕としてレポートしてた方がいて、アセトアミノフェンを飲めば?と言ったら

飲む!と。だーれも鎮痛剤を進めなかったのが以外でしたね。

はいお題が解ったらRT解らなくてもRTの時間です。

兄妹が異世界でゲームで勝負!これに関連する動画をあげて欲しい。

最後までお読みいただきありがとうございました。


応援クリックお願い致します↓

オカルトランキング