受話器から呟く声黒野忍

3月11日は175人の方々が黒野忍のブログを過疎らないように巡回してくださいました。

ありがとーありがとーです。

はい。リリースされました!PressKaos3 杖の技術は多くの混沌魔術師や混沌魔術研究家に読んで欲しいですね。インタビューはこれともう1つ別バージョンのインタビューが翻訳されています。個人的には良く出来ていると思います。はっきり言わせていただくとこれはキャロルが言ってる事ですが、魔術師は仲良くできない人が多いという事です。

僕が嫌いな権力のゲーム、お子様ゲームを必ずや行う混沌魔術師が多い(世界中)です。現にIOT-Japanのマジスターテンプリーの座を巡る権力ゲームや、アデプタスに群がる二オファイト共にはうんざりしていました。ぶっちゃければ、3名全員黒野が何十万出してやったか考えろよ。です。最近は新しい海外の混沌魔術師に2003年何があったかを

聴かれたので素直に答えましたよ。

混沌の騎士団は権力ゲームやお子様ゲームがないです。これは団長2名がいかに優れたリーダーシップを発揮しているかだと思いますし後は、生徒さんが素晴らしいと思います。

PressKaos3で団長が4年間振り返って今の混沌の騎士団を紹介していますが、また実践で

新しい制度を導入しました。混沌の騎士団は日進月歩する団体なんです。誰もが後は、アイデアを論議すべきなんです。位階関係なく。月華さんが中心となって僕の出した宿題をやり始めましたがあれは僕がお願いしたとかじゃなくて、月華さんの自発行為です。

こういう所が素晴らしいと思います。常に新しいアイデアが生まれて、研究されて、シェアーされる魔術団体として混沌の騎士団は優れています。混沌の騎士団は海外の団員さんも可能な媒体KaosKngiht-SNSを持っています。(英語と日本語で切り替えられる仕様)

後は僕は随分前に混沌の騎士団に教義にβ理論を用いましたが、これに従えば誰もが

全員リーダーシップになり誰もが口論せず存在できるはずです。僕は言いました。

「参加無ければ民意などない!」従来の魔術団体はほとんどがマスター達の言いなりですが僕はその思想が嫌なので意見をするべきであるから「参加無ければ民意などない!」といったわけです。皆さんが所属している団体なのですから、皆さんが意見しより快適で、安全で、安心に学べる体勢を作らないといけません。言ってしまえば明日入団した方が明後日混沌の騎士団の運営方針に意見していいのです。それを多数決で決めるとか、とことん話し合って決めるとか、全く別のより素晴らしい結果(β理論参照)にするかも皆さん団員さん次第です。

そして入団を迷う貴方がもし、混沌魔術を真剣に研究したいならば混沌の騎士団に入団すべきでしょう。沢山の先輩が見守ってくれますから。

そしてスピリチュアルな皆さんも読んで欲しいのが、21世紀の性魔術の実践第2版

性魔術のアセッションがこの1冊に!

はいお題が解ったらRT解らなくてRTの時間です。

シリーズものですよね。女の子憧れです。ただ!年齢増えない設定

あれは辞めたほうがいいい永遠の中学生。映画で勢ぞろいすると絶対初代が強い。

これに関連する動画をあげて欲しい。

最後までお読みいただきありがとうございました。


応援クリックお願い致します↓

オカルトランキング