贅沢な夢を叶えている黒野忍

2月26日は105人の方々が黒野忍のブログを過疎らないように巡回してくださいました。

ありがとーありがとーです。

裏話?なんでしょうかね。何故僕というサブカルライターがGraap Gohuを書いたかです。

ドラッグの本を何冊だっけ?とかSPAとかおしゃれな雑誌にコラムを書いてたりしたんですが、

実はですね、黒野は13冊しか本を書かない!と決めていた時期がありました。トリは童話にしようという設定でした。で練習にMixiで限定公開したんです。第1話は完全に童話テイストです。しかし何故か第2話は悲惨な話です。そして第3話で世界観が決まりました。

読者の方はお気づきかもしれない。地球にはドゥーム・ディストニー・フェイトという3女神が存在しこの女神の匙加減で、狂気や悲惨な事故が起きています。そして黒野はこの物語にクトルゥー神話をちりばめています。アッシュ二バルパルの炎!ですね。この辺から異世界設定が始まります。地球には当初ドゥーム・ディストニー・フェイト・フォルティナという4女神が存在していますが、魔導士によってフォルティナが追放されドゥーム・ディストニー・フェイトが世界の運命を支配するわけです、ドゥーム・ディストニー・フェイトは非業・運命・宿命というそのまんまですなので登場人物は、悲惨な事件に巻き込まれてしまう(非業)または、死んでしまうのが天命(運命)もっと最悪なのは、そういう宿命の下でしか生きれない。という設定です。

地球にとってフォルティナは幸運であり、そうそう幸運な事が起きないという世界なわけです。

さらにコロンゾンや迫りくる53の恐怖があるわけなんです。

そしてよーく読んで頂くと第3夜の女性は別の夜では生きているというフラッシュビフォー。

であったり実はこの第3夜の女性は第24夜の女性なんじゃないの?(実際、読者の方からDM頂きました)という1女性の人生が描かれています。モデルはいません。

また何故?第26夜だけ変わって「魔の刻を刻む。」となってるのか?そしてこの女性だれ?

も他の話をよーく読むと分かります。

年がら年中サブカルの話を書いていたので、挑んでみたわけです。はい。

で今年がら年中魔術の話を書いているので、挑んでみたいGraap Gohuの続編

PressKaos3からの現実逃避~~~です。

ただ続編という方ではないです。最後読めば続編が書けない設定だと分かります。

実は!これ新月から満月までの話であって満月から新月という設定を書いた時点で

考えていました。なのでストーリーは最初から全部計算されて書いている訳です。

続編が書けるときは、校閲者泣かせの志乃舞と小枝子が壮絶な絶望になるはずです。

もしかしたらネクロノミコンが出てくるかもしれない。

そして21世紀の性魔術の実践第2版買ってくださいね~6083位中の334位です!

そして僕的には!PressKaos3の編集長を終えましたら、黒の書の続編を書きます。

まあでも現実逃避してGraap Gohuの続編も書きたいですけどね。なんか黒野、ある日女性に刺殺されそう・・・。頭のおかしな女性に刺されそう・・・・。

はい、お題が解ったらRT解らなくてもRTの時間です。

ついにエイワス降臨しちゃいましたね。(3期)これに関連する動画をあげて欲しい。

最後までお読みいただきありがとうございました。


応援クリックお願い致します↓

オカルトランキング