誰かの為に生きられるなら 黒野忍

12月16日は122人の方々が黒野忍のブログを過疎らないように巡回してくださいました。

ありがとーありがとーです。いいね!をしてくださる方は好きになっていいですか?

さて~。黒野のブログの質が高い低いは黒野が判断するのではなく巡回してくださる方々が決める事です。魔術ネタ書けよ!と思う方もいると思うので魔術ネタも書いていきます。

じゃ今日は何で21世紀の性魔術の実践を書いたか?という話にしたいと思います。

それは書きたかったからです。さらに発行されている性魔術の内容が21世紀に対応してないからです。しかしながらこれを即房中術に即クロウリーに結び付けるのはいかがなものかと。

基本今までの性魔術のテキストは99、99%が男性視野で書かれています。小生意気にも

クサビシャマナーですら男性視線ですしセレマ宗も然りです。歴史上存在したある宗教からマジックへと進化する性魔術の行きつく先が男性原理とか女性原理とかの2重性です。ゲイの方々、ビアンの方々はパートナーと性魔術出来ないし、エネルギーの交換も無理これが性魔術の理論です。

ちなみにクロウリーは同性愛をOTO位階文章に仄めかしてますがこれはビアンではなくゲイです。グランドは同性愛をTOTOには取り入れずオーラルを取り入れています。

それこそウイッカ宗の行う大作業、ゲイ同士、ビアン同士どうすればいいんですか?男性原理と女性原理という2重性が破綻してしまいます。そこで言い逃れが内向的女性とかのユンギアンなんでしょうけど、トランスジェンダーの方はどうすればいいのですか?こんな感じの疑問が21世紀の性魔術の実践を書く原点となりました。後はnoteの反響ですかね。

19世紀~20世紀クロウリー、そしてその追従者であるエシュナー、ケネスグランドこの3名は避妊と堕胎を魔術的に禁止している馬鹿です。別に黒野が堕胎を合法化、美化しようとおもってません。クロウリー、エシュナー、グランドは避妊した性魔術では悪霊が生まれるとガチで信じてました。なおクロウリーが生きてる時代ゴムは存在しました。これが真実ならばこの世は悪霊だらけです。そんな馬鹿なことはない!こういう古いドグマも21世紀の性魔術の実践は破壊していきます。

で!審査が怖くて(笑)実は書かなかったことが沢山あります。それは

貴方を幸せにする性魔術の実践(仮タイトル)で書きたいと思います。まあ21世紀の性魔術の実践が売れればの話ですけど。

はいお題が解ったらRT解らなくてもRTの時間です。

願いを叶えるカードゲームなんだけどなんか不幸。これに関連する動画をあげて欲しい。

最後までお読みいただきありがとうございました。


応援クリックお願い致します↓

オカルトランキング