成功は失敗の父

8月2日は61名の方々が黒野忍のブログを過疎らないように巡回してくださいました。

ありがとーありがとーです

失敗から学べないを掘り下げて書いていきます。まず皆さんどっかしらの義務教育課程でテスト間違えました。でそれを直して提出みたいなことをしてると思うんですが、この、テストの間違い修正でほんとーに学べました?答えはノーだと思いますよ。中にいるとはおもますよ。テスト98点ミス1問それ修正して悔しいと思ったからもう間違えなくなったという方。それって失敗から学んでいる訳じゃなくて改正したことで学んだという事だけでしょ。お子さんにも言えます。まずハイハイ、次つかまり立ち、転ぶこと沢山、そして歩き、また転び走れるようになる。これだって失敗から学んでるわけじゃない。子供が転ぶと痛いから慎重に歩くぞなんて考えてないと思います。黒野の大嫌いな言葉「失敗は成功の母」逆に考えて「成功は失敗の父」だと思いますね。誰もかれもが失敗から学べてそこから成功するかなんてそれこそ数名しかいない事だと思いますが、皆さん失敗から学べると信じている。失敗から同じ失敗をしないように修正する事は出来るでしょうが失敗から学べることなんて実はない。例えばカプ麺を食べようとやかんでお湯を沸かしスマフォでSNSに夢中になりすぎて気が付いたらやかんのお湯が蒸発してた。故に今後はお湯沸かす時スマフォでタイマー設定しよう。これを学んだとは言わない。同じ過ちをしないように工夫して修正したといいます。魔術でも同じで失敗から学べることなんてまずないよ。せいぜい学べることは難しい事もあるんだな~とか思い通りにいかないな~だけでしょう。魔術の成功から学べることは沢山あると思います。ミスから学んだことって皆さんあるんですか?そんなにミス多発してるならば自分自身を疑った方が良いですよ。それこそじゃあ除霊ね。除霊できなくてそこから学べることって何?せいぜい自分の実力不足だけなんじゃないんですかね?失敗から学べることなんて「注意する事」「気を付ける事」しかない。重要な事はどうやったら同じ失敗をしないか?の「どうやったら」を自分で見つける事であってそれを学ぶとは言わない。「どうやったらどうやったらを学べますか?」という日本語の崩壊が良い例であって、どうやったらなんて自分で実証体験するしかありません。その「どうやったら」をやたらnoteにして皆さん売ってマネタイズしてます!とか何百部売れた!とか言ってますがそれと同じ「どうやったら」を真似ても同じ成功になる事はまずないでしょう。だって「どうやったら」に至る過程は個々人で全く違う物ですから。混沌魔術と言うのはこの個々人の「どうやったら」を追求する魔術であって個々人全然違つて良いと思います。勿論アイデアは様々ありそれを参照していく事は出来るでしょうね。

じゃあ、黒野は3ヶ月でブログPV1万超え!これを前面に言って3ヶ月でどうやったらPV1万になるか?をnoteで300円位?書いて10部売れたら3000円なので凄い事だと思うけど馬鹿らしくて書くつもりがない。ハウツーなんて習うもんじゃないね自分で見つける物だね。と思います。だから黒野どうやったらGoogleアドセンス合格しました!!とかブログに書くつもりないですよ。アドバイザーはアドバイザーにしかすぎない。

そして黒野2002年の本で紹介してますが故青山正明さんの御言葉人生死ぬまで暇つぶし。風船さ人生はやっぱり違うと思うので黒野は今後サインすることありましたらこう書こうと思う

人生死ぬまで探求。

今日の1曲を選曲します。そらるさんの銀の祈誓です、聴いてください。

銀の祈誓 / そらる

最後までお読みいただきありがとうございました。


応援クリックお願い致します↓

オカルトランキング