魔術団体の安全と安心・黒野忍

5月4日は121人の方々が黒野忍のブログを過疎らないように巡回してくださいました。

ありがとーありがとーです。

今日は混沌の騎士団について具体的解説をしたいと思います。まず皆さんが混沌の騎士団を知るきっかけは混沌の騎士団のツィッターが多いかもしれませんし公式サイトで知るかもしれません。まず混沌の騎士団のは男女比率で圧倒的に女性が多いです。それは混沌の騎士団の団長達が掲げる「安全と安心」を確約しているからだと思います。これは過去黒野が書きました「安全という物と安心という事」に由来しています。皆さんはスマフォなれPCなれセキュリティ対策をしていると思います。それは安全というサービズをお金で買っている物なのです。そうです、安全や安全性はお金で購入できる物であり、ビジネスとして成り立っています。警備保障会社、セキュリティソフト全てお金で買える物です。混沌の騎士団は安全を約束しています。この安全性は実践者の安全性も含まれています。

しかしここからが大きなテーマです。安心。これは買う事ができない事です。安心はその人自身が実証体験するしかありません。そのマニュアル混沌の騎士団にはありません。安心をマニュアル化した時それは安全という物になるからです。お子さんにキッズ携帯を持たせる方が増えています。それは持たせること自体、保護者にとって安心を言う事になりますが、キッズ携帯を持たされば安全か?これに関しては残念ですが安全ではないでしょう。キッズ携帯が交通ジャングルから守ってくれることはありません。また今日知りましたが、今未成年者全員スマフォはフィルタリングをすることが法令となったそうです。これは国が取った未成年者に対する安全作であって、安心ではないと思います。混沌魔術の思想で考えてみましょう。安全/危険 安心/心配という2重性となります。皆さんを危険から守る手段おおよそはお金で買えます。しかし心配は心を配ると書いて心配です。きりがないし安心も心配も心の問題ですから、購入は出来ません。どこどこ製品だから安心。という言葉は品質保証でありそれはお金で売り買いする事は出来ず、製品の持つクオリティーです。混沌の騎士団では安心を追求する事を団員に約束し15年運営されています。女性が多い理由は物騒な名前だけど実に安心な魔術団体だからと入団して体感出来るからだと思います。安心という面に関しては男性より女性の方が気になると思います。男性はどちらかといえば効率を求めますが、混沌魔術に効率もコストパフォーマンスもありません。何故そのような思想に走るかは、ただ単に働いているから価値観が効率やコストパフォーマンスに結び付けやすいからかもしれません。勿論女性で働いている団員さん沢山いますが、効率やコストパフォーマンスを考えていません。

これは何もオーガナイズという面だけではなく皆さんの人生で「安全とは何か?」「安心とは何か?」考えてみると良いと思います。簡単に老後の安全って読んで何が思い浮かびますか?それは家の構造やスロープや警備会社という事が思いつくと思いますけどしかし、老後の安心という言葉になると皆さん貯蓄や健康を<心配>すると思います。この面でいえば日ごろから気を付けるしかありませんし、何かあったら対応できるように備えなければなりません。今からでも遅くないので混沌の騎士団の方々は若かろうが何だろうが老後の安心を魔術でエンチャントメントしておくべきだと思います。勿論ブログをお読みのソロの魔術師の方々も老後の安心の為に魔術を行った方が良いでしょう。出来れば柔軟に常にこの老後の安心は見直され多くの印形を活性化するべきでしょう。精神の進化より誰もに平等に訪れる老後の心配を安心にしたほうが良いと思いますよ。石橋を叩いて渡るという言葉がありますがそれは、石橋の安全性を確認してるだけであって渡り切ったら安心を得れるということなのです。

現在僕が知る限り、老舗であるIOSさん。と混沌の騎士団しか魔術結社はないです。OTOさんはちゃんとサイトで書かれてますが宗教です。勿論小さな団体はあるのでしょう。小さいから安全で安心という事は無いでしょうし、日本の魔術結社で安全は考えられていたでしょうが、安心は考えられてないと思います。なお黒野が「安心と安全」を論考したのは西部集会大阪でスピーチする時に、大阪のANAホテルでごろごろしながら考えたことです。ちなみに今もう西部という考えはありません。区分を辞めたのは団長の方針です。混沌の騎士団はアップデートを繰り返していますから、1年前、3年前とは全く異なる状態です。

参加なければ民意はない!これは黒野が混沌の騎士団で発言した言葉です。ここも普通の魔術結社とは異なる点だといえます。これは団長達と話すんですが「上層部って誰?」です。混沌の騎士団に上層部なんてありません。それは皆さんが参加してないから「上層部に聞かないと解らない。」という風景を作ったからであり参加していれば解らないという事はないんです。事実このブログをお読みの元騎士団員の方。今混沌の騎士団は位階に関係なく混沌魔術を学べる制度を採用しトラブルシューティングではあらゆる魔術の疑問を参加者で優しく論議できるようになりました。さらに最先端の理論を実践出来るようになりました。

良く言われてる成功哲学に1万時間という考え方があります。1日30分だとすれば、皆さんどれ位遠い道か解ると思いますよ。簡単に考えたら1万時間達成は24時間魔術修行すれば1年と51日です、まあこれは無理です。けど黒野は魔術修行1万時間してますし1万時間を凌駕しています。実践に関しても1万時間超えていますし、DJにしても1万時間超えてます。だからといって辞める事はしません。継続する事それが唯一の成功法則だと思います。著述業は1万時間達してないからまだまだ頑張らないといけません。

安心と安全と1万時間。混沌魔術師として頑張りたい方は混沌の騎士団へ!今は担当者指名制度もありますから、女性指導者希望とかけば団長が適任を着任させるでしょう。後黒野希望とかけば黒野が着任しますよ。

あ!後PressKaos4ですがこちら編集長また黒野が務めますが少しお時間くださいね。皆さんが凄い!というクオリティーにします。歴史に名を刻む機関紙にします。

昨日の答えはペプシのCMでした。5月5日黒野はボヘミアンラプソディーを見ました。

お題が解ったらRT解らなくてもRTのコーナーです。

映画化楽しみです、ドンドンドーナッツの誓い

これに関連する動画をあげて欲しい。

最後までお読みいただきありがとうございました。


応援クリックお願い致します↓

オカルトランキング