聖守護天使とは?黒野忍

5月2日は212人の方々が黒野忍のブログを過疎らないように巡回してくださいました。

ありがとーありがとーです。

今回は聖守護天使について解説します。このテーマはPressKaos2で解説されていますが、スピリチュアル思想だと黒野は思います。まず聖守護天使を召喚する条件は厳密に1年とされています。それは予備期間が6ヶ月、実践が6ヶ月合わせて1年です。

古代の奥義書アブラメリンでは、隠遁生活を送り妻帯者は最終的には別居とまで書かれていますし、2ヶ月毎実践のハードルは高くなります。そして如何なる宗教でも実践可能であるとされています。

もしこの通り行う方が現代いたら、隠遁生活の間の生活費は十分ありそして最終的に庭に砂を引いてそこに悪魔を呼び出す事が必要とされていますから無理だと思います。そしてこれが魔術の究極奥義だとされていますがどうでしょうか?まず皆さん聖守護天使といえば、羽が生えていてとか考えたりまあクロウリー崇拝の方々はアイワスを思い浮かべるのでしょうが、日本で聖守護天使とほぼ同じ体験をしている方々はいます。それは役小角や 湛海律師や親鸞が同じ経験をしています。

役小角 は修行の果てに蔵王権化に、 湛海律師 は3面不動明王(これは坂本竜馬が仏像を所有してましたが、黒野は実物を見て写真を取りましたツイッターを見てくださいね)親鸞は玉女に遭遇しています。

聖守護天使とはソウルの乗り物です。ソウルの定義は新刊で嫌というほどしましたがまず聖守護天使をユング心理学のセルフと考えるのはどうでしょうか?なんでもかんでもユング心理学というのは間違えていると思います。まず多くの海外の魔術師に経験談を聞くと自我が自己に吸収され自己が活動するというような話になってますが、それは今までの自分の存在を消してしまうという事になり聖守護天使はある意味リアルの否定存在となります。そして皆が謎の神秘主義を開始します。客観的に見ればそれは成功者ではなく殉教者です。何故なら聖守護天使に出会って神秘主義を生前で布教成功した人はいません。歴史を見れば明らかかと思います。まるで魔術師の思想は他界したら価値が出るかのように扱われています。

レイ・シャーウィンは精神の編集者、サイコセンサーは聖守護天使だと解説していますだから人間は思うように魔術を使う事が出来ないと論じています。しかし画期的な理論ですが魔術意識の中聖守護天使は機能を停止しているという事になり聖守護天使を召喚出来たら機能は自由自在に操つれることになります。従って召喚に成功したから自我が吸収されてしまう現象が起きないと思われます。

人生の成功者全員に聖守護天使の導きがあったか?は無いと思います。人生の成功者は努力をして成りあがっているか、最初から成功法則を学んでいたかの何れかです。聖守護天使と遭遇する事が人生の成功ではないという事は過去の例をみれば解ります。

しかしどうしても聖守護天使を召喚したい場合はまず第一にサイコダイエットが必要になります。私達のソウルは汚れ無きものですが、エゴは汚れを持つので徹底的にサイコダイエットをしなければなりません、そうする事でエゴから汚れを無くすことが出来るでしょう。それには日々全力で懺悔をして大いなる存在が哀れみをかけてくれるように祈らなければなりません。

次に必要なのは聖守護天使を召喚する祈りを自作する事です。その時自分の魔術的理想像を視覚化して祈りを唱える事が望ましい方法かもしれません。サイコダイエットされているはずですから魔術的理想像にサイコファットはありません。これを繰り返すことで聖守護天使を召喚が出来ると思います。ただし現代人そうそう簡単に出来るわけがありません。読まなくていい空気を読んだりする今、ソウルの純粋なきらめきを得れることはないです。

聖守護天使とは何か?それはソウルの乗り物であり別に魔術師に絶対必要な要素ではないという事を理解して実践してください。

明日は黄金の夜明け団の火の杖の作り方を黒野が説明してみます。

昨日の答えはデビルマンです。

お題が解ったらRT解らなくてもRTのコーナーです。

僕まだ見てないんですが6冊のノートが。

これに関連する動画をあげて欲しい。

最後までお読みいただきありがとうございました。


応援クリックお願い致します↓

オカルトランキング