アタック

9月7日は93名の方々が黒野忍のブログを過疎らないように巡回してくださいました。

ありがとーありがとーです。

さて今の日本ではまずないだろう魔術戦ですが、実際魔術的攻撃について考えてみますと近距離攻撃と遠距離攻撃の2つしかなくそしてこの魔術攻撃でいちばーんやってはならないのは人工精霊や思念体や(式神、使い魔、サーバント、タルパ、悪魔、悪霊etc)を相手に送りつける事です。この手の喚起魔術で有名なのがGOETIAの悪霊を相手に送りつけるというものです。何故ダメか?それは独立した存在に過度な期待をして結果の熱望を作るからです。相手にいつ大惨事が訪れるのか?と常にアンテナをはっていなければならず、さらにもし効果がないなら人工精霊なれ使い魔なれ式神に責任を擦り付けパラノイアの道を下る事になるでしょう。もし人工精霊なれ使い魔なれ式神なれ霊的存在で魔術攻撃をするならばかなり工夫が必要になります。この工夫という工程が混沌魔術師にとって必要なアイデアでしょうし実力なのでしょうから、ググってどうこう出来る物ではないですし、もしもです。GOETIAの悪魔にグラシャーラボラスという悪霊がいますがそれを喚起して相手に魔術攻撃を仕掛けてしまえば良いというシンプルな答えが出来上がりますが、実際この世界で グラシャーラボラス を喚起して魔術攻撃しました!とか式神で相手をどうのこうの!という方すっごいすくないと思います。じゃあ魔術攻撃はどうやったらできるのか?それは訓練するしかないです。おいそれと印形なれシジルなれ何でもいいけど作っててチャージしました!でどうにかなるならそれはもう天才以上神位だと思います。黒の書で書きましたが車を人の上に落とす事はまず出来ませんが人を車の下に位置させることは出来ると思います。何にしろしっかりとした基礎修行と特化する為の修業は必要になるでしょう。そして魔術攻撃の印形は沢山追加して使用しなければならず1回の印でどうこう出来る物じゃない。これは攻撃魔術だけに言える事じゃないですが自分の願望が長期なのか?短期なのか?を見定めて行動する事です。1ヶ月で25000万稼げますようにという物を成功させたいならばそれだけの労働力が必要になりますし果たして今のままで2500万稼げるのかという自己分析も必要になります。勿論1年で25000万なら可能な方が多いかもしれませんがそれでも、印形は追加して使用されるべきでしょう。自分の魔術的計画をしっかりと持つ事が必要ですが、間違ってもコストとパフォーマンスという事を考えてはいけません。そもそも修行する時間をコスト、成果をパフォーマンスというならば、混沌魔術一切合切は天部の才があれば良いという話になってしまいますしパフォーマンスという事に関してはその人のクオリティーが低いから十分なパフォーマンスを引き出せないという結果になりますのでコストパフォーマンスは考えない方が良いでしょう。もうじきオータムエクイノックス。混沌魔術師の皆さん魔術的計画を立てて展望し長期、短期、緊急、重要等という区別でしっかりと自分の最上な結果を組み立てる為に魔術的計画を立ててみてはいかがでしょうか?

黒野もちゃんと魔術的計画を立て行動しますがぎっしりと詰め込むのではなくちゃんと緊急に対処出来るようにしてあります。

今日の1曲を選曲します。夢を追いかける貴方に。ウルトラタワーさんの希望の唄です。聴いてください。

ウルトラタワー / 「希望の唄」 Music Video

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログのボタン押してね!


応援クリックお願い致します↓

オカルトランキング